出産祝いのお返しを選ぶなら喜ばれるものを│贈り物を選ぶ法則

女性

相手の好みに合わせられる

風呂敷

香典返しのカタログギフトには、消耗品以外の商品もたくさん掲載されています。好きな価格帯から選べ、まとめて購入すると送料が割引になるなどの特典があります。喜ばれる香典返しを選択するなら、カタログギフトを選ぶとよいでしょう。

もっと読む

選べるギフト

ファミリー

火を連想させる色や壁に穴を開けないと飾れないものは新築祝いには向いていません。本人が希望しない限りは贈らないようにしましょう。最近では自由に選べるカタログギフトの登場により、相手の好みに合わないプレゼントを贈ってしまうという失敗も防げます。

もっと読む

事前に調べる

店舗

お店のインテリアによく合う花や観葉植物は開店祝いでよく贈られる品の1つです。手入れに手間がかからず縁起のいい観葉植物を選びましょう。また、お店によっては立て札をつけるサービスもあるので利用してみましょう。

もっと読む

あらかじめ準備を

ギフトと婦人

出産祝いをもらったら、お返しを贈るのが一般的です。しかし、出産後は赤ちゃんのお世話や新生活に追われ、出産祝いのお返しじっくりを選ぶ暇がないのが現状です。ですので、出産前にある程度目星をつけておくと慌てずにすみます。特に郵送でお返しを贈る場合、送り先の住所を前もって整理しておくとよいでしょう。年賀状や引越しはがきで住所変更のお知らせがきている場合もあるので、住所録は常に最新の状態にしておくと安心です。出産祝いのお返しは出産後1ヶ月を目安に贈るようにしましょう。もらった出産祝いはリスト化しておくと贈り忘れを防げます。その際に、贈られたプレゼントのだいたいの金額をチェックしておくとお返しの際に便利です。基本的には、いただいたお祝いの半額程度をお返しするのが一般的です。しかし、中には高額のお祝いや目上の方からいただいた出産祝いもあるので、その場合は3分の1でも問題ありません。出産祝いのお返しは、相手によって品を変えるとよいでしょう。両親や親戚など血縁の近い親戚には、子供の名前が入った品が喜ばれています。最近では、名前の他に子供の写真を入れられる品も増えており、子供が生まれたときの体重と同じ重さのお米や樽に入った地酒などが人気です。目上の方には、信頼できるブランドのお菓子やお茶などが選ばれています。百貨店ブランドのスイーツやお取り寄せで人気の食材などが人気を集めています。もし、食の好みがわからない場合は、専用のカタログギフトを選ぶと安心です。